ワッフルメーカーの無精ひげレシピ:カリカリに自分で焼く方法?

ウェーハロールの味は、フィリングの有無にかかわらず、子供時代の主な味の1つです。母が生地をこねて電化製品を加熱している間、私たちは待ち望んでいた一片を喜んで噛み切るために最初のチューブが準備ができるのを待って、近くで苦しんでいました。クローゼットの棚に電気または普通のワッフルアイロンがあり、何年にもわたってレシピを失った場合は、大人も子供も愛するこのおいしい珍味を思い出してください。

記事の内容
< /セクション>

ワッフルアイロンでストローを作るためのレシピ

ワッフルメーカーの無精ひげレシピ:カリカリに自分で焼く方法?
  • 卵4個を砂糖コップで厚くするなるロイフォーム。これを行うには、ミキサーまたはブレンダーを使用することをお勧めします。
  • バターを溶かしたが、冷却済みの200 gを組成物に注ぎ、1杯の小麦粉を追加します。ミックス。生地はサワークリームのコンシステンシーを持っている必要があります。
  • アプライアンスをオンにするか、ガスで加熱し、内側の両側に油を塗り、1スプーンの生地を入れ、2つの半分をしっかりと閉じます。
  • 取り出してパンケーキをチューブに丸めます。

ワッフルアイロンでサクサクの美味しいロールのレシピ

ワッフルアイロンで調理されたワッフルロールの以前のレシピが最も簡単でした...さらに、ベーキング用の特別なマーガリンはバターの代わりになる可能性があります。しかし、牛乳をベースにした生地を作ることもできます。多くの人が好みます。

製造手順:

  • ガラス1杯分の砂糖で卵1粒を粉砕し、ガラスを追加します牛乳と大さじ3〜4。 l。ベーキング用のあらかじめ溶かしたバターまたはマーガリン;
  • 1.5カップの小麦粉、塩を追加し、ベーキングパウダーを忘れないでください-小さじ1。器具の内側に植物油を注ぎ、ストローを焼き始めます。あなたが柔らかい甘いデザートのファンなら、生地をあまり長く入れないでください。過熱すると、ワッフルは揚げすぎてサクサクになりすぎますが、誰でもそれが好きです。

ガス焚きのワッフルアイロンのワッフルロールのレシピ

ワッフルメーカーの無精ひげレシピ:カリカリに自分で焼く方法?
  • 125 gの量のウォーターバスメルトバターで、再び固まらないように取り出す必要はありません。 2つの卵を砂糖で粉砕する濃い白い泡が現れるまで150 g;
  • ミキサーで作業を停止せずに、溶かしたバターを組成物に注ぎます。 50 gのデンプンと150 gの小麦粉を徐々に混合物に加え、最後に150 mlの温水を加えますが、もう一度少し注ぎます。
  • 生地を敷いた鍋を所定の位置に置きます半時間ほど暖かい場所です。これで、アプライアンスをストーブの上に置き、加熱するのを待って、作業面に油を塗り、ベーキングを開始できます。毎回生地の表面を2スクープ広げます。ロールを熱くします。

電気ワッフルアイロン用のワッフルロールを作るためのレシピ

薄いワッフルが好きなら、このレシピはあなたのためです。

製造手順は次のとおりです:

  • 卵3個を125 gの砂糖でかき混ぜ、溶かしたマーガリンを100 gの量で加えます。
  • 必要に応じて小麦粉を250 gの量でふるい、主な組成物に追加し、泡だて器で常に攪拌します。最後にバニリンのパケットを追加します。電気ワッフルアイロンで武装し、2つの半分に油を塗ることを忘れずに、おいしい甘さを焼き始めます。毎回大さじ1の生地を使います。 l。

ワッフルアイロンのカリカリワッフルロールのレシピ

ワッフルメーカーの無精ひげレシピ:カリカリに自分で焼く方法?
  • 125 gのマーガリンを溶かし、50 mlのクリームと混ぜます。
  • 4つの卵を310 gの砂糖でかき混ぜ、最初の材料と混ぜ合わせます。小麦粉110 gを少しずつ注ぎ、常にかき混ぜます。
  • デバイスを温め、油を塗ります。その後、下の作業面に1スプーンの生地を置き、広げます。ふたを数分間覆い、それから開いて、大さじ1の茹でたコンデンスミルクを焼きたてのパンケーキの端に置きます。ツイストし、フォークまたはトングを使って自分で皿に載せます。

練乳を詰めたワッフルアイロンでサクサクロールするこのレシピは、詰め物を長時間調理する必要がないため、人気があります。事前に茹でた練乳を用意するだけです。ジャム、ホイップクリーム、ジャム、カスタードなど、さまざまな詰め物を使ってストローを作る方法があります。

コンデンスミルクを使ったワッフルコーンや他の形状のワッフルのレシピは、詰め物が完成した繊細さから得られないため、好ましいです。つまり、手を汚さず、すべてが跡形もなく口に入ります。

だから、試して、実験して、愛する人や友人を扱い、自分で食べてみてください。どうぞよろしくお願いいたします。