筋無力症の危機はどのように診断されますか?

一部の神経疾患は、患者の初期治療中に医師が診断することが困難です。これらの疾患には重症筋無力症が含まれます。急速な疲労の患者からの最初の不満。しかし、休息後、筋肉の疲労は少しの間後退し、患者は再び正常に感じます。

一方、重症筋無力症は、中枢神経系から横紋筋への信号の神経筋伝達の違反です。 -わずかな負荷の後に異常な周期的疲労が発生する理由

記事の内容
  • 筋無力症候群の種類
  • 筋無力症
  • 危機管理
  • 病気の詳細

    筋無力症の危機はどのように診断されますか?

    免疫依存性重症筋無力症と筋無力症症候群を区別します。

    最初の理由は自己免疫疾患であり、症候群の発症は一連の発達上の欠陥:シナプス後部とシナプス前部。

    これらの欠陥は、身体の正常な機能に必要な物質の合成と知覚器官の欠陥の違反に過ぎません。有機的プロセスの病状により、胸腺の機能が破壊されます。

    自己免疫疾患や体内の生化学的プロセスの障害が発生するきっかけは、感染症、ストレス、外傷など、免疫状態を弱めるすべての要因です。

    < p> 次の形態の重症筋無力症を区別できます:
    • 眼球;
    • 球形;
    • 一般化。
    筋無力症の危機はどのように診断されますか?

    一部の医師は、重症筋無力症は重症筋無力症に関連しており、別個の状態として分類されていないと考えています。

    眼の形の重症筋無力症の最初の症状は、まぶたの筋肉の損傷です。患者はまぶたの垂れ、急速な眼の疲労、画像の重複を訴えます。

    次に、眼瞼筋筋無力症の兆候が加わり、咽頭筋も脳神経に神経支配され、萎縮します。

    咀嚼機能と嚥下機能が損なわれます。将来的には、声の音色が変化し、発話を明瞭に表現する能力が失われます。

    全身性重症筋無力症では、すべての筋肉が上から下へ、頸部および肩甲骨から背部にかけて徐々にブロックされ、その後、四肢の筋肉が影響を受けます。よだれが現れ、患者は自身を維持することが困難になり、最も簡単な行動をとるには、手足に衰弱感があります。

    筋無力症の危機はどのように診断されますか?

    症状の増加はどの段階でも止まる可能性があります。

    小児では、この疾患は生後6か月より早く発症することはなく、ほとんどの場合ほとんどの場合、それは10歳以上の男の子で診断されます。最初の症状-まぶたの筋力低下-から次の2年間まで。

    成人期では、20歳から40歳の間に女性が病気になる可能性が高く、65歳を超えると、病気の症状は性別に依存しません。 。

    筋無力症症候群の種類

    遺伝的欠陥によって引き起こされる筋無力症症候群にはいくつかあります。

    すべて常染色体優性症候群を除いて、それらは常染色体劣性遺伝で受け継がれます。これは、免疫チャネルのゆっくりとした閉鎖によって引き起こされます:

    筋無力症の危機はどのように診断されますか?
    1. ランバートイートン症候群40歳以上の男性でより頻繁に診断されます。その主な兆候は、眼球筋と眼外筋を維持しながら、四肢の近位筋の衰弱です。症状は、臨床症状の前にあり、肉体的運動を伴う-スポーツをする、筋力低下を止めることができる;
    2. 先天性筋無力症候群。兆候-眼球の対称的な動きの違反とまぶたの眼瞼下垂;
    3. 症状-顔面筋と骨格筋の脱力、吸引機能の障害;
    4. 筋緊張低下とシナプス装置の発達不全はまれな筋無力症候群を引き起こし、腱反射が減少します。状態の典型的な兆候は、顔、乳腺、および体幹の非対称性です。
    5. 筋無力症症候群は、特定の薬物(D-ペニシラミンと抗生物質:アミノグリコシドとポリペプチド)を服用することによって引き起こされます。薬の中止後6〜8か月以内に改善が見られます。

    イオン細管のゆっくりとした閉鎖によって引き起こされる症候群には、次の症状があります:

    • 動眼筋の脱力;
    • 筋萎縮;
    • 四肢の脱力。

    重症筋無力症の各症例の治療は、特定の方法に従って行われますアルゴリズム。

    使用可能:

    • コルチコステロイド;
    • 抗生物質;
    • < li>抗コリン薬;
  • 血漿交換療法およびその他の種類の特定の治療法
  • ある種の疾患に使用される薬物は、他の形態では効果がありません。

    筋無力症の危機

    筋無力症の危機はどのように診断されますか?

    筋無力症の危機の主な症状は、呼吸筋を含む球状筋の広範な機能障害であり、無呼吸の開始までです。

    症状の強度は臨界速度で増加します-脳低酸素mo 30分以内に発生する可能性があります。

    突然の筋無力症の危機に対して緊急治療が提供されない場合、患者は窒息します。

    次の要因が危機の発生の原因である可能性があります:

    • ストレスの多い状態;
    • 身体活動の増加;
    • インフルエンザ;
    • 急性呼吸器疾患;
    • li>
    • 代謝障害;
    • ホルモンの不均衡;
    • さまざまな病因の中毒

    これらの要因は、神経筋伝導の遮断を引き起こし、筋肉や腱の興奮性の喪失を引き起こします。

    重症筋無力症の患者は常にそのような形の疾患に苦しんでおり、救急に必要な薬物は何であるかを示すメモを常に持っています。ほとんどの場合、患者はプロセリンとカネビンと一緒に薬物を携帯します。

    眼の周りに筋無力症が発症し、注射の方法を知っている人が少なくとも1人いる場合、その人の命は救われます。ただし、 "救急車" まだ必要です。

    危機の治療

    筋無力症の危機はどのように診断されますか?

    筋無力症の危機を治療する方法は、患者の状態と電話の場所に到着した特別チームが緊急援助を提供した速さによって。

    できるだけ早く、被害者は集中治療を受ける必要がありますそして人工呼吸器に接続します-人工呼吸。肺の人工換気は少なくとも24時間以内に行う必要があります。

    血漿交換療法の状態を効果的に回復させますが、免疫グロブリンの静脈内投与が必要になる場合があります。免疫グロブリンとともに、メチルプレドニゾロンおよび塩化カリウムが使用されます。

    炎症過程の既往がある場合は、免疫グロブリン、塩化カリウム、およびメチルプレドニゾロンの併用治療が使用されます。

    < p>酸化防止剤が使用されます-特にリポ酸。血液中に蓄積されるフリーラジカルの量を減らし、患者の身体の酸化ストレスの重症度を減らします。

    人工呼吸器から自発呼吸への移行は、臨床像に基づいて行われ、以下の要素が評価されます:

    筋無力症の危機はどのように診断されますか?
    • 心拍数と深度および呼吸数の安定化;
    • チアノーゼおよび興奮の欠如;
    • 意識障害がない;
    • 呼吸筋が呼吸のプロセスに参加し始める;
    • 光刺激に対する生徒の反応。

    さらに、実験室で得られた血液検査結果が考慮されます。

    患者は最大4日間人工呼吸器に留まることができます。この間、自発呼吸が回復しない場合は、外科的介入を行って気管切開を行います。これにより、気管圧迫潰瘍を防ぐことができます。

    現代医学全般の開発レベルと集中治療室の設備、特に特殊医療チームのトレーニングにより、死亡率は筋無力症による危機は、1990年の状況と比較して12倍に減少しました。

    目の前で窒息し始める通りの人を見ると、彼の肌は青白いか青くなっています。あなたは救急車を呼ぶ必要があります。そのような人々の生活は大きく依存します他人の無関心の喜び。