アテローム性動脈硬化症はどのように治療されますか?

アテローム性動脈硬化症は、体内のタンパク質と脂質の代謝が乱されると発生する慢性の進行性疾患です。代謝過程の病理には、血管の内膜におけるリポタンパク質とコレステロール画分の沈着が伴います。

沈着物からアテローム斑が形成されます。それらの中で結合組織が成長し、壁が石灰化し、血管が完全に閉塞するまで徐々に血管が狭まります-閉塞。先進国ではこの疾患が労働年齢の人々の障害の最も一般的な原因であるため、現代医学は血管アテローム性動脈硬化症の治療方法の問題に対処しようとしています。

記事の内容

病気の原因

脂質障害血管壁の質の交換と変化は、遺伝的要因の影響を受けます。人体のコレステロールは細胞壁の建築材料であり、ホルモンやビタミンの一部です。この物質の大部分(最大70%)は肝臓で合成され、残りは食物から生じます。

アテローム性動脈硬化症はどのように治療されますか?

コレステロールは、タンパク質と脂肪の複合化合物-リポタンパク質の一部として血流を通って輸送されます...これらの複雑な化合物の密度が低い場合、必要以上に多くのコレステロールが血管を介して輸送され、その過剰が血管壁に沈殿します。血管壁の変化が若い年齢で始まる場合、形成されたプラークの出現はすでに40歳で診断されています。以前、この疾患は60歳以上の人々に現れましたが、現在40歳以上の患者の70%ですでにプラークが形成されています。徐々に増加し、血流を遮断して血栓を形成します。それが外れた場合、それは身体の任意のポイントに移動する可能性があります。たとえば、脳の血管を詰まらせて脳卒中を引き起こしたり、下肢の血管を壊死させたりします。アテローム性動脈硬化症の可能性は、修正可能な要因と修正不可能な要因によって決定されます。

活力を高めることによって、疾患のリスクを減らすことができます:

  • ;
  • 脂肪分の多い食品をあきらめる;
  • ストレス要因を減らす-時には仕事を変える必要がある;
  • 悪い習慣をやめる-アルコールと喫煙

血圧値を監視し、血糖値を正常化し、食事を守り、過食を防ぐ必要があります。肥満は、アテローム性動脈硬化症を発症する可能性を高めます。

アテローム性動脈硬化症はどのように治療されますか?

遺伝的要因を排除することは不可能です-病気の傾向は受け継がれ、性別の変化-男性は病気になりやすく、老化を遅らせることで老化を遅らせます閉経。年齢とともに、疾患を発症する可能性が高くなります。

危険因子の組み合わせにより、血管壁の内層に病理学的変化が生じ、バリア機能が失われ、体内の代謝プロセスに違反して、アテローム性動脈硬化症が引き起こされます。

アテローム性動脈硬化の症状と疾患の形態

最初に、コレステロールが沈着すると、動脈壁が伸張して外側に突出するため、疾患の発症は長期間無視できます。しかし、好ましくない現象-有機的変化および全身的要因-の影響下では、血管壁の完全性が損なわれ、プラークが破裂し、血管内に血栓が形成され、その内腔が狭くなります。この段階で、患者は疾患の症状を感じ始めます。

アテローム性動脈硬化症を引き起こす疾患は、血栓の場所によって異なります。

  1. アテローム性動脈硬化症大動脈;
  2. 虚血性心疾患。その合併症:心筋梗塞、不整脈、狭心症、心不全;
  3. 脳血管疾患-一過性の虚血発作と脳卒中;
  4. 下肢の血管に血栓が形成されると、跛行と壊疽を引き起こします。
  5. アテローム性動脈硬化症は腎動脈または腸間膜動脈に限局する可能性があります。
アテローム性動脈硬化症はどのように治療されますか?

いくつかの血管領域が影響を受け、急性状態に固有の症状が現れます大きく異なります。大動脈硬化の治療が必要です。それは何ですか?病気の症状:胸骨の後ろの焼けるような痛み-それらは胸のナイフを回すのと比較されます-背中、首、時には心窩部に与えられます。

痛みを伴う感覚は永続的になります-強まるか弱まるかのいずれかですが、そうではありませんパス。吐き気、めまい、協調性障害、腹部膨満感、下肢のしびれ、舌が痛みに加わります。

この段階で医師に相談しないと、大動脈が破裂することがあります。

冠状動脈硬化症動脈も胸部に灼熱の痛みを引き起こします。冠不全は心不全と心筋梗塞を引き起こします。

脳血管のアテローム性動脈硬化症では、次の変化が起こります:

  • 協調が損なわれる動き;
  • 顔が赤くなる;
  • 変化は目の日に影響を与え、視力に影響を与える;
  • 発汗の増加;
  • 運動失調。

末梢動脈が影響を受けているとき、足の衰弱、歩行時の痛み、疲労が移動した経路に対応していない
四肢が冷えたような感覚が現れます。

アテローム性動脈硬化症はどのように治療されますか? < /div>

食事中の腹部腸間膜血管のアテローム性動脈硬化症では、鋭い痛みがあり、ガスの形成が増加し、腸の障害が現れます-腸閉塞の発症が考えられます。

尿検査の変化と血圧の上昇、体は発生に反応します腎動脈のアテローム性動脈硬化症。アテローム性動脈硬化症の治療が必要です-この疾患は生活の質に重大な影響を及ぼし、不当に低下します。

アテローム性動脈硬化症の治療方法は?

病気の症状?まず、地元のセラピストに連絡してください。最初の予約はこの医師によって行われます-彼は必要な実験室および装置の検査の指示を与えます。 -血管、MRI。

次に、病変の場所に応じて、患者が紹介されます。

  • 心臓専門医;
  • 眼科医;
  • 腎臓専門医;
  • 神経科医;
  • 血管外科医。

各患者は、臨床像と病状の重症度を考慮した個別のスキーム

民間療法によるアテローム性動脈硬化症の治療

民間療法は、アテローム性動脈硬化症の重篤な段階には対処できません。この場合、外科的介入が必要です動脈の開通性を回復します。しかし、病気の初期段階では、伝統医学によってその進行が遅くなる可能性があります。

アテローム性動脈硬化症はどのように治療されますか?

たとえば、フランスの医師は、アテローム性動脈硬化症は薬物なしでこのように治療できるとアドバイスしています脳血管:白ワイン-300 ml-液体天然蜂蜜-50 g、おろし玉ねぎ-50 gと混合する必要があります。これはすべて冷蔵庫で1週間主張され、朝は大さじ3杯を飲みます。

< p> 別のレシピ:砂糖シロップは、生姜、クローブ、カルダモン、ナツメグ、シナモン、オレンジの皮で味付けします。 120 mlの砂糖シロップについて、材料をつまみで少しずつ測定します。

この甘い混合物にグラスの赤ワインを注ぐと、薬が準備できました。冷蔵庫に保管し、大さじ1か月間朝夕に服用します。

下肢のアテローム性動脈硬化を民間療法で治療するにはどうすればよいですか?

レシピの1つ:

  • すりおろしたニンニクの頭をレモンと混ぜ、ミートグラインダーで皮と一緒に挽きます。
  • は、沸騰したお湯で満たされます-0.5 l;
  • 72時間主張

朝、大さじ1杯飲む

ハーブティーは血管の浄化に役立ちます-標準として醸造されています:ガラスの沸騰したお湯に野菜の原料の混合物を大さじ1杯、ウォーターバスで30分間注入します。

アテローム性動脈硬化症はどのように治療されますか?
  1. 同じ量で混ぜます灰と白樺の葉;
  2. 等しい比率-葉:チェリー、シーバックソーン、ローズヒップ、プラム、リンゴ、イチゴ;
  3. スグリとイチゴの葉、サンザシの花、同じ植物の果実、プラスローズヒップは押しつぶされて醸造されます。

伝統医学の武器からの救済の範囲は十分に広く、いつでも自分に適したものを選ぶことができます。

アテローム性動脈硬化が時間通りに検出された場合、その開発を停止することができます。食事療法、活力、民間療法は、血管の生命と弾力性の回復に役立ちます。

薬物療法がすでに必要な場合は、民間療法を接続する可能性について主治医と合意する必要があります。