お腹を細くするためのエクササイズ:脂肪を燃やす!

ファッションは変わりつつありますが、女の子と女性が脇腹を取り除きたいという欲求は根絶できません。問題のある領域を運動することで何百万人も解決できるかもしれませんが、1つのルールで多くの人の熱意を抑えることができます-局所的には脂肪が燃焼しません。

記事の内容

これはどのように発生しますか?

この事実は、3つの単純なことだけを意味します真実:

お腹を細くするためのエクササイズ:脂肪を燃やす!
  1. 腹部脂肪が最後です;
  2. 何ヶ月にも及ぶ筋力トレーニングと有酸素運動トレーニングが必要になります;
  3. 適切な栄養が不可欠です。

長くてつらい闘争を始める価値はありますか?もちろん、それだけの価値があります。ウエストサイズは心臓の健康状態の指標であり、食事中の単純な炭水化物と動物性脂肪の過剰の兆候です。女性の胴囲が80 cmを超えると、心血管疾患のリスクがあることを示しています。

腰と腰に脂肪が大量に蓄積すると、月経不順の可能性が高くなります。

なぜ腹を外して腰で体重を減らすのが難しいのですか?

腹部の脂肪細胞にはエストロゲン受容体が備わっているため、出産のために自然に準備された手つかずの準備がそこに保存されます。月経周期の第2フェーズのたびに、観察されたホルモンの急上昇により、脂肪の蓄積の条件が作成され、通常は運動が目的とされる場所に正確に配置されます。

脚と胃:調和を実現することは現実的ですか?

お腹を細くするためのエクササイズ:脂肪を燃やす!

脂肪がどこから来たのか、そこから行くことができます。例外は、脂肪細胞が結合組織の繊維にしっかりと絡み合って、柔らかくゆるいクラスターを形成し、大幅な減量後も体に残る場合です。

通常、このような沈着物は 「遺伝的」-つまり、彼らはいくつかの家族に存在します:腹部と太ももの領域、および側面。しかし、脂肪の全体的なパーセンテージは、体の構造を変化させ、筋肉量を標準に追加する1つの方法で減らすことができます。これは、女性では体重の30〜40%です。

プレスの練習:ポンピングする価値はありますか?

特定の筋肉をポンピングしても上から脂肪を燃焼しません彼女。体を曲げても腹部は減少せず、側面に曲げても側面は削除されません。

このルールに従って、横になっているときの体のねじれの回数を減らし、より多くのカロリーを消費するエクササイズを追加する必要があります:

お腹を細くするためのエクササイズ:脂肪を燃やす!
  • スクワットは、脚、背中、および腹筋のすべての筋肉が関与する基本的な運動です。ウェイトを使用する場合、ダンベルまたはボトル入りの水を持っていると、腕が胸にかかり、腹部の筋肉が二重に働きます。重量のないスクワットから始めて、正しいテクニックを観察することは価値があります。靴下をわずかに側面に向け、膝をつま先に合わせ、骨盤を引き戻し、背中をまっすぐにします。
  • 腕立て伏せ-女性は気に入らないが、プレスのシルエットを形作る...腕、背中、脚、腹部、太ももの筋肉が協調して働き、体を地面に降ろして持ち上げます。膝から、そしてソファーから押し上げ始めます。徐々に床に降りてください-すべてがうまくいきます!腕を広げすぎないでください。肩の高さが目安です。
  • 腰のエクササイズにはジャンプを含める必要があります。これらはカロリーバーナーです。ダンベルまたは靴箱を介して、ロープの有無に関係なく、左右に、前後に、足をばらばらに、半分、一分、50〜100回ジャンプします。ジャンプは腰と腹部のトレーニングルーチンの一部である必要があります-運動は脂肪燃焼になります;
  • クライマー-腹筋のための最良の有酸素運動のままです。腕立て伏せのために立ち、膝で片足を曲げ、胃に持って行き、次に足を交互にします。ペースで実行したり、適所でランを実行したり、床に1本の足を置いたり(前に足を踏み入れたり)したり、ジャンプしたり、入れ替えたりできます。
  • サイクリング-何を言おうと、運動で推奨される腰痛以外の最良の状態のままですプレス用。直腸の筋肉、斜筋、横筋が関与するため、腹部はあらゆる角度から鍛えられます。これは、脚が吊り下げられたままであるためです。運動は下腹部、側面、さらには脚に負荷をかけることを対象としています。

孤立した腹筋運動よりも役に立たないものはありません。脂肪を燃焼させる運動は、脚、腕、背中の筋肉を使用する必要があります。筋肉が多ければ多いほど、複雑さがより効果的になります!

スリムなウエストのエクササイズを構築するには?

定期的なエクササイズと速いペースに調整してください。ワークアウトを開始する前に、特定のエクササイズがどのように実行されるかを確認します-簡単である必要があります。

ハーモニーの作業に関するルールは次のとおりです:

お腹を細くするためのエクササイズ:脂肪を燃やす!
  1. できるだけ早くトレーニングを行う
  2. 大腿部、臀部、背中の筋肉の大きな配列を使用する
  3. ジャンプを使用する
  4. 最小限の休憩を取ります。

4〜5回のエクササイズで構成されるサーキットトレーニングオプションを選択できます。それらの2つは、脚の筋肉(スクワット、ランジ、ジャンプ)、他の2つは直接腹部の筋肉(板、登山家、自転車)に負荷をかけています。

有酸素運動を追加すると、ワークアウトの強度を高め、より多くのカロリーを燃焼できます。交互の筋力トレーニング(スクワット、ランジ、腕立て伏せ、ダンベルプレス)および縄跳びまたは定位置。

側面と胃をすばやく取り除くことはできますか?

高速脂肪燃焼コンプレックスは、限界まで働きながら体を引き締めることができます。しかし、誰もが最大値の90%のゾーンに脈拍を上げることはできません。6か月以上のトレーニング経験があり、心臓病がない人のみです。高強度トレーニングは、反復負荷による最大の筋肉酸性化の原理に基づいています。その結果、エネルギー燃焼の好気性および嫌気性メカニズムが仕事に関連付けられます。

そのような腹部のトレーニングの例は、田畑プロトコルです:

  1. 20作業時間;
  2. 10秒の休息時間。
お腹を細くするためのエクササイズ:脂肪を燃やす!

合計8回の作業休憩サイクルが繰り返され、ワー​​クアウトにかかる時間4分。田畑のルールは、スクワット、腕立て伏せ、ジャンプの最大の繰り返しを行う必要性で表されている限界まで機能することです。エクササイズをできるだけ早く実行すると効果があります。

周期的な作業を行うと、筋肉を肥大させ、酸素消費量を増やし、脂肪貯蔵の酸化を増やすことができます。太もも、臀部、背中などの大きな筋肉を鍛えるエクササイズを選択してください。

バーピーなどの複雑なエクササイズ。腕、腹筋、背中が機能します。

2つのタバタと腹筋の準備ができています!

任意の4つを選択して、自分で8分間の腹部の人気のある運動を作成できます。演習。

1日目は側面を削除し、お腹を引き締め

お腹を細くするためのエクササイズ:脂肪を燃やす!
  • 20秒。 -突進;
  • 10秒。 -残り;
  • 20秒。 -腕立て伏せ;
  • 10秒。 -残り;
  • 20秒。 -自転車;
  • 10秒。 -残り;
  • 20秒。 -クライマー;

このサイクルをさらに4回繰り返して、朝のエクササイズとして8分を取得します。

2日目は、ストレングスカーディオ専用です、脚、腕、腹筋の緊張を和らげます:

  • 20秒。 -ダンベル(5リットルボトル)とベンチプレスを備えたスクワット;
  • 10秒。 -残り;
  • 20秒。 -ダンベルを飛び越える;
  • 10秒。 -残り;
  • 20秒。 -椅子に乗る;
  • 10秒。 -残り;
  • 20秒。 -plank;

このサイクルをさらに4回繰り返して8分にします。

覚えておいてください!目標を正しく設定することが重要です。側面や折り目を取り除きたいという欲求は、1か月間かろうじて十分です。目標は長期的である必要があります-フィットネスのためのトレーニング、そして体は時間の経過とともに驚きます外観を更新しました。